占い師になるまでのお話 my life as a hippy

☆hippy的履歴覚え書き

1969/6/12 イギリス生まれ
生まれて最初の記憶はハイハイを始める頃。目の前に何かお気に入りだったものがちらちらしていて、欲しくて仕方ないのになかなかたどり着かなくて、すごく辛くて悲しかったのを覚えている。

once upon a time…!

——————————–
4才で横浜に移住。流暢だったらしいQueen’s Englishはすっかり忘却の彼方に。
妖精(?!)を見たり、予知夢を見たり、デジャブを経験したりUFOを目撃したり、植物と会話したり、マヤやインカ、エジプトの文明に興味を持ったり、、。オカルトブームの時代に小学生低学年期をカトリックの学校で過ごし、剣道を習いながらも、密かに裾のすり切れたラッパずぼんや編み上げの厚底サンダル、ティアドロップ型のサングラスに真ん中分けの長い髪に憧れていた。
——————————–
10~12才の多感になり始めの時期をヨルダンに暮らす。ンターナショナルスクールに通い、大らかな雰囲気に育まれつつ自由奔放に過ごし、万国通用型の英語を学び直す。また、現地の数々の巨大な遺跡に感銘を受け、ヨルダンや周辺国の遺跡や史跡巡りに連れていってもらう。長期夏休みには旅好きの母に連れられヨーロッパも周る。

ある日、町のスーベニアショップで不思議な形のシルバーのペンダントヘッドを見つける。母に訊ねると、それが12星座をかたどったものだったらしく、その時初めて自分が”ふたござ”なのだと知る→ますます欲しくなり、お年玉で買い求めた。双子に憧れていたので自分は双子じゃないのにふたご座と知り、嬉しかった。間接的ではあるが、これが星占いに興味を持つきっかけになった。

——————————–
小6の夏に帰国。2年半振りに復帰した母校にて、登校日の朝礼で、制服を着た黒髪の集団がぴっちり整列しているのに仰天し、違和感を覚えた。精神的なジプシー感にとりつかれる。

この頃いとこのお姉ちゃんにトランプ占いを教えてもらい、カードを使った占いに手を染める。
——————————–
中学生になり、突然ステンドグラスに目覚め、週末に鎌倉のステンドグラス教室に通う。学校では中学、高校と聖歌隊に所属、歌うことが生み出すカタルシス効果に陶酔。

中1の時に、クラスの友人がタロットを持ってきて、初めてタロット・カードを知る。興味を覚え、占い雑誌の付録についていた切り抜きのカードで自分でも占いを始める。

中3で美大を目指そうと決心。高校進学と同時に美大受験対策の為にアトリエに通い始める。その他生徒会活動に参加したり、他校の男の子たちとバンドを組んだり、と学業以外のことには(笑)とても真剣に取り組む日々。
——————————–
大学受験に失敗し、1年間の浪人。学生証の無い身分にいたたまれなくなり、所在なさげオーラを出してトボトボしていたら、とある新興宗教にひっかかる。心配した親が支部に怒鳴り込んでくれて、無事足を洗う。
——————————–
翌年、その年に開設されたばかりだった、青山学院女子短期大学芸術学科に記念すべき第一期生として入学。第一希望ではなかったので、複雑な心境で入学したのにも関わらず、入学したその日に当時在学されていた彫刻家・掛井五郎氏と魂の震えるような衝撃的な出会いを果たし、あっという間に芸術学科に心酔する。

Goro Kakei
恩師・掛井五郎氏と☺
この出会いがその後のわたしの生き方に多大な影響力を及ぼしました。
人生で初めて自分にとっての「師匠」だと認識したのが五郎さんです。

五郎氏の生き様に強烈に感化され、それまではデザイナー志望だったが、芸術家志望に90度程、方向転換する。五郎氏に、”おいっ、不良!”などと叱咤されつつも、羽を伸ばして青春を謳歌。学業に制作活動にバンド活動に、と様々な分野で充実した日々を送っていたので、肝心の必修科目であったフランス語の単位を落としてしまい→短大を3年かけて卒業。


——————————–
卒業と同時に、とあるユニットでボーカリストとして一度デビューを飾るも、一年であえなく解散。その後、レコーディングスタジオや新宿にある某大手デパートのフレグランス売り場でアルバイト。

この頃、藤沢の東急ハンズで1JJタロットカードに巡り合う。1JJで占うと何故かよく当たる気がして、カードにも相性があることに気づく。職場の友人相手にタロットで相談に乗るように。

1995年に、Miss Lolitaに青山のVision Networkを紹介され、Fat music、共存、Las Chicasを渡り歩く。Las Chicas時代に、当時の一部クラブシーンに現れたサイケなネオヒッピーたちに触発され、眠っていたヒッピー魂を揺すぶられる。

good old days, Las Chicas Omotesando 1995


——————————–
1996年、結婚。ひとり目出産後、今後の自分に不安を感じ、葛藤する。

インターネットの世界を知り、ホームページ作りに没頭。その頃知り合ったチャット仲間に、女は30才からだよ、と励まされ、辛い時期を脱出。徐々に服や生活スタイルに変化が起き始める。

双子を出産後、今度は雑誌の占いのページが全然当たらなくなり、どこかで自分の運命の歯車が狂いだしているのでは?と焦りを感じ、本格的に西洋占星術を勉強してみようと思い立つ。独学に限界を感じ始めた時に折良く、雑誌でアカデメイア・カレッジを知り、入学。西洋占星術とタロットを専攻。

2003年12月に占い師家業、旗揚げ。

現在に至る。

→→健全なヒッピーを目指しとります☆

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルカウンセリングへブログランキング・にほんブログ村へ

Cactus land, Tucson AZ 2017
Spread the love
ABOUT ME
waka@sorahogiya
・星解きカード®作者
・イニシエート占星術提唱者

・2019年現在プロ16年目

ホロスコープを自在に読み解く、謎解き屋さん。スピリットやガイドからではなく、星からの情報を直接チャネリングしています。
星解きを通して人生を主体的に生きることを提案。

魂とエゴセルフと繋ぐツールとして「イニシエート占星術」を提唱。西洋占星術を魂の成長のための錬金術として扱います。
RELATED POST
宙星祝屋

宙星祝屋 そらほぎや ネーミング秘話

2019/04/23 at 11:11pm
宙星祝屋 若夏(そらほぎや わか) | 魂とエゴセルフを繋ぐ「イニシエート占星術」魔法使いのスピリチュアル西洋占星術/・*:.。. ☆
宙星祝屋 そらほぎや 「天の星々から降り注ぐ祝福を伝え言祝ぐ(ことほぐ)者」の意 中学〜高校と、当時通っていたカトリックの学校直属の聖歌隊に所属していました。顧問のお …
宙星祝屋

宙星祝屋オリジナル星解きカード®

2019/03/29 at 5:02pm
宙星祝屋 若夏(そらほぎや わか) | 魂とエゴセルフを繋ぐ「イニシエート占星術」魔法使いのスピリチュアル西洋占星術/・*:.。. ☆
オンラインショップはこちらから☆ 宙星祝屋オリジナル 星解きカード®画像をクリックするとオンラインショップに移動します 

 …